全国防犯住宅推進機構

当法人について

ご挨拶/法人概要

代表理事挨拶

さてこの度、一般社団法人全国防犯住宅推進機構が発足いたします。

当機構は防犯ジャーナリストである梅本正行先生の防犯に対する理念を基にマンションをはじめ、アパート、戸建住宅そして地域の防犯体制をつくりあげるべく立ち上げました。

テレビやマスメディアで悲惨な事件を知るたびに「予知防犯」すなわち「起こりうる犯罪を予知予測して未然に防ぐこと」を学んだわたくし達に何かできることはないか?と胸を痛めておりました。そんな中、意識を同じくする有志が集まりお年寄り・子供達を守り、ひとりでも多くの方々に防犯の大切さ、必要性をお伝えし、犯罪を未然にふせぐことを目的とし、社会的責任を持って活動してまいりたいと思っております。

2020年には世界が注目する東京オリンピックもございます。
今こそ地域・社会の安全のために、当機構のキャッチフレーズである、明日へのパートナー「アスパ」が貢献できると自負しております。

ご賛同いただける皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

一般社団法人 全国防犯住宅推進機構
代表理事 中島大作

当法人顧問 梅本正行先生からのご挨拶

梅本正行

梅本正行先生プロフィール

1964年からセキュリティ事業に参入し、警察署での署員特別教養講師や犯人逮捕への協力など、警察からの感謝状は 400 枚を越える。
侵入犯罪の現場には極力足を運び、犯罪現場の環境や犯行手口など、事件の内容を検証。その数は 8000件を越え、今もなお増え続ける。
現在、犯罪者心理を知り尽くしたプロの目で、防犯ジャーナリストとして活躍。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌等で予知防犯対策を提唱している。また、行政・自治体・民間企業等でのセミナーや講演も多く、人情味あふれる独特のキャラクターで予知防犯対策の重要性と人の命の尊さを呼びかけている。防犯対策責任者の育成にも力を入れ、養成講座を開講する傍ら、犯罪抑止に力を注ぐと共に経済産業省の「省エネ・防犯情報提供事業研究会」の委員として参画していた。
現在は地域の防犯ボランティアの育成や防犯住宅を造る工務店の育成を全国で行っている。また犯罪が起きにくい社会環境を作る為に『防犯法』の設立を目指し活動をしている。

組織概要

名称 一般社団法人 全国防犯住宅推進機構
All Japan Security Houses Promotion Agency (略称:アスパ)
設立年月日 平成28年12月1日
目的 防犯に根ざした快適な住まい方を提案・提供すると共に、犯罪を抑止し、安心・安全な生活空間を目指して社会に貢献することを目的とした事業展開を行う。
主な事業
  • マンションセキュリティアドバイザー(MSA)、トータルセキュリティアドバイザー(TSA)の育成事業
  • マンションセキュリティアドバイザー(MSA)、トータルセキュリティアドバイザー(TSA)による防犯認定住宅の認定事業
  • 安心・安全な防犯マンション・防犯アパート・防犯戸建住宅の新築・改築・リフォーム
  • 防犯に関する検証並びに対策の提案
  • 地域防犯、および防犯意識を高めるためのセミナーの開催、防犯マニュアル作成等を通じた啓蒙活動
役員 代表理事     
中島 大作    
株式会社ダイソウ 代表取締役
副代表理事    
山口 陽之介   
光清化成建設株式会社 代表取締役
         
藤本 忠明    
株式会社藤本工業 代表取締役
         
飯田 秀二    
東邦ビルト株式会社 会長
専務理事     
梶田 勝     
株式会社ケイ・ビー・ケイ 代表取締役
常務理事     
青木 敦     
株式会社青木工業 代表取締役
理事       
折橋 竜太    
株式会社ヒビキプルーフ 代表取締役
         
清水 衡     
株式会社シミショウ 代表取締役
         
杉山 友秀    
化研マテリアル株式会社 取締役副社長
         
袋 雅和     
株式会社リアルヴィジョン 代表取締役
         
佐藤 勝彦    
株式会社サトコー 代表取締役
         
渡辺 清彦    
リノ・ハピア株式会社 代表取締役
理事相談役    
玉上 兼三    
協和レジン株式会社 代表取締役
監事       
山口 和之介   
光清化成建設株式会社 専務取締役
         
遠藤 美紀    
株式会社ショウ・アップ 代表取締役
顧問       
梅本 正行    
一般社団法人 日本防犯学校 学長
所在地 〒173-0011
東京都板橋区双葉町33番1号
TEL 03-6914-9720
FAX 03-6914-9740
  • セミナーのご案内
  • 防犯コラム
  • 当法人への加入について
  • 梅本先生Twitter
ページトップ